ママ必見!無料プレゼントなどお得情報配信中★

【抱っこ紐】nunaとエルゴの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

当サイトには広告が含まれています。
ヌナ・エルゴの違い比較

マグネット式バックルで人気の「ヌナ カドルクリック(nuna CUDL clik)」と抱っこ紐の定番「エルゴベビー オムニ ブリーズ(ergobaby OMNI Breeze)」。

今回は、この2つの違いを徹底的に比較していきます!

ぶしょわんこ

ヌナとエルゴの具体的な違いが知りたい!どっちにしようか迷っている!という方の参考になれば幸いです。

ヌナの抱っこ紐は「カドル」「カドルソフテンド」「カドルクリック」の3種類がありますが、ウエストベルトがバックル式で人気が高い最新モデル「カドルクリック」と比較していきます。

ナチュラルリビング ママ*ベビー
¥30,580 (2024/05/25 13:09時点 | 楽天市場調べ)

エルゴはアダプト・オムニ360・オムニブリーズとモデルが多数ありますが、一番人気でスペックが高い「オムニブリーズ」と比較していきます。

Baby ALICE(ベビーアリス)
¥19,780 (2024/05/27 09:02時点 | 楽天市場調べ)
目次

ヌナ・エルゴ【比較表】

まず始めに、基本情報を表で比較します。

ヌナ カドルクリック
ヌナ カドルクリック
エルゴ
エルゴ オムニブリーズ
抱き方
対象年齢
対面抱っこ:0カ月~(3.5~13.5kg)
前向抱っこ:6か月~(9~13.5kg)
おんぶ:9カ月~(11~16kg)
対面抱き:0~48カ月(3.2~20.4kg)
前向き抱き:5~24ヶ月(13kg)
腰抱き・おんぶ:6~48カ月(20.4kg)
サイズ目安ウエスト:約61~145cmウエスト:約60~132cm
重さ1.0kg(乳児用ブースタ、ヘッドサポート、よだれかけ、ウエストポケット、収納バッグを除く)
1.25kg (付属品あり)
740g
素材本体:コットン
フード:オーガニックコットン+リヨセル
よだれかけ、ショルダーパッド:コットン
ベビーキャリア本体:ポリエステル100%
収納着脱式ポーチサイドポケット
着脱式ポーチ
お手入れ洗濯機可洗濯機可
カラーキャビア・デニム・フォグ16種
保証1年2年
価格27,280円28,900円
購入する購入する
※価格:2023年11月時点
ぶしょわんこ

以下、詳しく解説していきます!

抱き方・対象年齢

ヌナ・エルゴ:対象年齢
引用:nuna販売店ベビスマ/エルゴ販売店ベビージャクソンズストア

どちらも対面抱き・前向き抱き・おんぶができますが、エルゴはさらに腰抱きができます。

ぶしょわんこ

それぞれの対象年齢は、抱き方の違いによって以下の通りになっています。

ヌナエルゴ
対面抱っこ:0カ月~(3.5~13.5kg)
前向抱っこ:6か月~(9~13.5kg)
おんぶ:9カ月~(11~16kg)
対面抱き:0~48カ月(3.2~20.4kg)
前向き抱き:5~24ヶ月(13kg)
腰抱き・おんぶ:6~48カ月(20.4kg)
対象年齢の違い

ぱっと見るとエルゴの方が対象年齢の範囲が広いように見えますが、

エルゴの「SGマーク制度適用対象月齢」で比べると、ヌナと大差はありません。

エルゴのSGマーク制度適用対象月齢

対面抱き:1~24カ月(体重13kg)まで
前向き抱き:5~24ヶ月(体重13g)まで
腰抱き・おんぶ:6~36カ月(体重15kg)まで

ぶしょわんこ

SGマーク制度適用対象月齢で比べてみても、エルゴは前向き抱き・おんぶがヌナより早くできるのがメリットです。

サイズ目安

ヌナエルゴ
ウエスト:約61~145cmウエスト:約60~132cm
サイズ目安の違い

ウエストサイズは、ヌナが約61~145cm、エルゴが約60~132cmが対応目安となっています。

ぶしょわんこ

ヌナの方が体格差に幅広く対応しています。

重さ

ヌナエルゴ
1.0kg(乳児用ブースタ、ヘッドサポート、よだれかけ、ウエストポケット、収納バッグを除く)
1.25kg (付属品あり)
740g
重さの違い

重さはヌナが1kgを超えるのに対して、エルゴは約740g

ぶしょわんこ

軽さではエルゴの方が優れています。

生地素材

ヌナエルゴ
本体:コットン
フード:オーガニックコットン+リヨセル
よだれかけ、ショルダーパッド:コットン
ベビーキャリア本体:ポリエステル100%
生地素材の違い

ヌナコットンが多く使われているのに対して、エルゴポリエステル100%となっています。

ぶしょわんこ

参考として、それぞれの素材の特徴をまとめます。

コットンの特徴
  • 静電気が起こりにくい
  • 肌触りがよく敏感肌の人にもOK
  • 火に強く、火花で穴が空きにくい
  • 吸水率が良いため洗濯後など一度濡れると乾きにくい
  • 色落ちや色移りしやすい
  • 洗濯後に縮みやすい
ポリエステルの特徴
  • 水に濡れても乾きやすい
  • シワになりにくく縮みにくいため洗濯がしやすくお手入れ簡単
  • 火に弱く、火花で穴が空いてしまう
  • 静電気が起こりやすい

※参考:綿とポリエステルの違い (uniformnext.com)

収納

ヌナ・エルゴ:収納
引用:nuna販売店ベビスマ/エルゴ販売店ブリリアントベビー

ヌナもエルゴも、腰ベルトに取外し可能なポーチを取り付けることができます。

ぶしょわんこ

また、エルゴの腰ベルトにはサイドポケットが備え付けられています。

カラーバリエーション

ヌナ・エルゴ:カラー
引用:nuna公式サイト/エルゴ公式サイト

カラーバリエーションは圧倒的にエルゴの方が多く、全16種類もあります。

ぶしょわんこ

ヌナはキャビア・デニム・フォグの3種類のみですが、どんな洋服にも合わせやすいシンプルな色合いになっています。

価格

ヌナエルゴ
27,280円28,900円
価格の違い※2023年11月時点

価格は、ヌナが27,280円、エルゴは28,900円となっています。

ぶしょわんこ

1,620円の差でヌナの方が安いです。

その他スペック比較

着脱の簡単さ

ヌナ・エルゴ:着脱
引用:nuna販売店ベビスマ/エルゴ販売店ナチュラルベビー

ヌナ「マグネット式バックル」がとにかく一番のウリ!と言っても過言ではありません。

背中のバックルをとめたまま抱っこ紐をかぶり、赤ちゃんを包み込むようにして前方のカバーをマグネット式バックルでとめます。

すなわち、背中に手を回してバックルをとめなくて良いのです!

そして、抱っこ紐の上にアウターを着たままでも抱っこの乗せ降ろしができます。

ぶしょわんこ

マグネット式バックルは近づけるだけでカチッとはまり、装着が完了します。
また、腰ベルト以外のバックル操作がすべて体の正面でできるようになっているため、装着がとても簡単です。

一方、エルゴは背中のバックルをとめる作業が難しい点がデメリットです。

ぶしょわんこ

掛け違わずに留められるように改良されてきてはいますが、赤ちゃんを抱っこしながら背中のバックルをとめるのはなかなか大変です。

サイズ調節

ヌナ・エルゴ:サイズ調節
引用:nuna販売店ベビスマ/エルゴ販売店リタカラベビー

子どもの月齢に合わせたサイズ調節については、

ヌナ乳幼児ブースターをファスナーで付けることで、エルゴマジックテープの位置を変えることで行います。

ぶしょわんこ

ヌナは生後4カ月までお尻の位置を上げて使用することができますが、エルゴは抱っこ紐の横幅だけ調節する形となっています。

フード・カバーなど

ヌナ・エルゴ:フードカバー
引用:nuna販売店ベビスマ/エルゴ販売店ベビーアリス

ヌナもエルゴも日除けのフードが付いています。

また、抱っこ紐本体はどちらもメッシュ素材になっていますが、ヌナは向こう側が透けて見えるほど通気性が高いため寒さ対策として風よけカバーがついています。

ぶしょわんこ

一方エルゴは気温に合わせてカバーをつけ外しすることはできませんが、暗い場所でも安全に使用できるように赤ちゃんの背中部分に反射テープがついています。

おすすめはどっち?

以上の情報から、それぞれのおすすめをまとめました。

ヌナがおすすめ!
  • 着脱が簡単な方がいい
  • 夏はとにかく通気性を良くしたい
  • 他の人とかぶりたくない
  • 高機能な抱っこ紐をできるだけ安く手に入れたい
エルゴがおすすめ!
  • 腰抱きがしたい
  • できるだけ軽い方がいい
  • カバーを付け替えるのは面倒
  • カラフルな色合いを楽しみたい

ヌナはマグネット式バックルで着脱がとても簡単、そして通気性がとてもよく気温に合わせてカバーのつけ外しができる点が特徴です。

エルゴに比べるとユーザーが少なく、他の人とかぶりにくい点もメリットです。

ぶしょわんこ

さらに、ヌナには肩ベルトパッド・よだれかけ・収納バッグが初めから付いています。すべてセットでこの値段!というのも大きな魅力です。

ナチュラルリビング ママ*ベビー
¥30,580 (2024/05/25 13:09時点 | 楽天市場調べ)

一方、エルゴは抱っこ紐の定番ということでユーザーがとても多く、安心感がある点

ヌナではできない「腰抱き」をすることができ、軽い&カラーバリエーションが豊富な点がメリットです。

ぶしょわんこ

夏場などにカバーを付け替えることはできませんが、付け替えの手間がかからないという点ではメリットでもあります。

Baby ALICE(ベビーアリス)
¥19,780 (2024/05/27 09:02時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

抱っこ紐といえばエルゴが定番でしたが、今では様々な機能・デザインの抱っこ紐が出てきています。

特に低月齢のうちはお出かけに欠かせない、ママと赤ちゃんをつないでくれるとても大切なアイテムです。

スペックをよく比較し、それぞれのご家庭に一番合った抱っこ紐を選んでみてください。

赤ちゃんとのお出かけが、もっと快適で楽しくなりますように!

ヌナがおすすめ!
  • 着脱が簡単な方がいい
  • 夏はとにかく通気性を良くしたい
  • 他の人とかぶりたくない
  • 高機能な抱っこ紐をできるだけ安く手に入れたい
ナチュラルリビング ママ*ベビー
¥30,580 (2024/05/25 13:09時点 | 楽天市場調べ)
エルゴがおすすめ!
  • 腰抱きがしたい
  • できるだけ軽い方がいい
  • カバーを付け替えるのは面倒
  • カラフルな色合いを楽しみたい
Baby ALICE(ベビーアリス)
¥19,780 (2024/05/27 09:02時点 | 楽天市場調べ)

2歳未満のお子さんがいる方はAmazonらくらくベビーの登録をお忘れなく!登録者限定セールをはじめ、様々な特典を受けることができます。

Amazonらくらくベビーの特典
  • 出産準備お試しBox
  • らくベビ割引
  • 登録者限定セール
  • 登録者限定ポイントキャンペーン
  • Amazonネットスーパー配送料無料(2回まで)

以上、”nunaとエルゴの違い比較・まとめ”でした。

ぶしょわんこ

ご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヌナ・エルゴの違い比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次