ママ必見!無料プレゼントなどお得情報配信中★

ピジョンの電動鼻吸い器・新旧比較!【旧型vsシュポット】

当サイトには広告が含まれています。
ピジョン電動鼻吸い器新旧比較

お手入れが楽ちんな電動鼻水吸引器として人気が高いピジョンですが、ピジョンの鼻吸い器には新型旧型があります。

ぶしょわんこ

旧型は青色で四角い形状の本体が特徴でしたが、新型は丸みがある白色の本体にデザインが変わり、「シュポット(SHUPOT)」という名前がついています。

そこで今回は、ピジョン鼻吸い器・新旧製品の具体的な違いを徹底的に比較していきます。

ぶしょわんこ

どっちにしようか迷っている!という方の参考になれば幸いです。

ピジョン公式楽天市場店
¥9,800 (2024/01/05 07:21時点 | 楽天市場調べ)
ピジョン公式楽天市場店
¥13,200 (2024/05/25 02:06時点 | 楽天市場調べ)
目次

ピジョン電動鼻吸い器・新旧【比較表】

まず始めに、基本情報を表で比較します。

ピジョン鼻吸い器旧型
電動鼻吸い器(旧型)

シュポット(新型)
サイズ‎122×133×139mm‎166×152×134mm
重さ約0.8kg
(付属品含む総重量は約1.2kg)
約0.9kg
(付属品含む総重量は約1.3kg)
吸引圧力-80kPa±15%-80kPa±15%
吸引流量13L/min±15%16L/min±15%
音の大きさ58dB52dB
お手入れ
収納
持ち運び
価格9,800円13,200円
購入する購入する
  • 各情報は公式サイト・取扱説明書を参考にしています。
  • 価格:2023年12月現在
ぶしょわんこ

以下、詳しく解説していきます!

サイズ(大きさ)・重さ

ピジョン鼻吸い器新旧比較:サイズ
引用:ピジョン公式楽天市場店

旧型は122×133×139mm、シュポット(新型)は‎166×152×134mm。

ぶしょわんこ

高さはほぼ変わりがなく、幅・奥行きは旧型の方がコンパクトなつくりになっています。

重さは旧型が約0.8kg(付属品含む総重量は約1.2kg)、シュポットが約0.9kg(付属品含む総重量は約1.3kg)で、旧型の方がやや軽いです。

吸引圧力・吸引流量

旧型シュポット
吸引圧力-80kPa±15%-80kPa±15%
吸引流量13L/min±15%16L/min±15%

吸引圧力は、旧型・シュポットともに-80kPa±15%

吸引流量は、旧型が13L/min±15%、シュポットが16L/min±15%となっています。

ぶしょわんこ

シュポットは吸引流量が向上していて、鼻の奥の方にある鼻水まで吸い取りやすくなっています。

ピジョン鼻吸い器新旧比較:吸引力
引用:ピジョン公式楽天市場店

音の大きさ

ピジョン鼻吸い器新旧比較:音の大きさ
引用:ピジョン公式楽天市場店

音の大きさは旧型が58dB・シュポットが52dBで、シュポットは旧型に比べて動作音が約10%削減されています。

ぶしょわんこ

わずかな差ではありますが、シュポットの方が静かです。

お手入れ

ピジョン鼻吸い器新旧比較:お手入れ
引用:ピジョン公式楽天市場店

ピジョンの鼻吸い器は旧型・シュポットのどちらもチューブに鼻水が入りにくい構造になっており、お手入れがとても楽なのですが

鼻水の量が多いときなどはチューブに鼻水が入り込んでしまうことがあります。

シュポットは旧型に比べて鼻水のキャッチャー部分が2層構造になっていて、よりチューブに鼻水が入り込みにくくなっています。

ピジョン鼻吸い器新旧比較:お手入れ2
引用:ピジョン公式楽天市場店

また、旧型はチューブを直接本体の吸気口につなげる構造になっていますが、シュポットには鼻水流れ込み防止ケースがついているため

万が一チューブに水分が入ってしまっても、本体に吸い込まれるリスクが低くなっています。

ピジョン鼻吸い器新旧比較:お手入れ3
引用:ピジョン公式楽天市場店
ぶしょわんこ

シュポットの方がチューブに鼻水が入り込みにくく、チューブに鼻水が入ったとしても本体に吸い込まれる心配がなく安心です。

収納

ピジョン鼻吸い器新旧比較:収納
引用:ピジョン公式楽天市場店

鼻水吸引器を収納するときに意外と困るのが、チューブの存在です。

ぶしょわんこ

そのまま置いておこうとすると、ダラーンと落ちてノズルの先端が床や壁についてしまう、なんてことがよくあります。

旧型には専用の収納バッグがついてくるものの、本体にチューブホルダーなどはついていません。

一方、シュポットは本体の中にチューブをぐるぐると巻き入れて収納ができるようになっています。

ぶしょわんこ

シュポットはキャッチャー部分も本体に収納できるので、ノズルの先があちこちにつく心配がなく衛生的です。

持ち運びやすさ

ピジョン鼻吸い器新旧比較:持ち運び
引用:ピジョン公式楽天市場店

旧型に持ち手などはついていませんが、シュポットには両側に取っ手がついていて持ち運びやすくなっています。

ぶしょわんこ

両手を使う必要がありますが、持ち手がないよりは格段に持ち運びやすいです。

価格

旧型シュポット
9,800円13,200円
価格の比較

価格は旧型が9,800円、シュポットが13,200円です。※2023年12月現在

ぶしょわんこ

旧型の方が3,400円安いです。

まとめ

ピジョン鼻吸い器・新旧比較まとめ

旧型の方が…

  1. コンパクトで軽い
  2. 安い
ピジョン公式楽天市場店
¥9,800 (2024/01/05 07:21時点 | 楽天市場調べ)

シュポット(新型)の方が…

  1. 鼻の奥の鼻水まで吸いやすい
  2. 音が小さい
  3. チューブ・本体に鼻水が入りにくくお手入れが楽
  4. 収納力が高く衛生的に使える
  5. 持ち手がついていて持ち運びやすい
ピジョン公式楽天市場店
¥13,200 (2024/05/25 02:06時点 | 楽天市場調べ)

ピジョンの鼻吸い器は新旧とも操作方法は同じで、本体のダイヤルを操作するだけで鼻水の吸引を始めることができ、吸引力もダイヤルで簡単に調節することができます。

その他全体的なスペックは新型のシュポットの方が優れていますが、旧型はコンパクトさ・価格の安さが魅力です。

ぶしょわんこ

シュポットには劣るとはいえ、旧型でも十分な機能性があります。
1万円を超えるのは厳しい、できるだけ安く性能の良い電動鼻水吸引器を手に入れたい、という方には旧型もおすすめです。

以上、”ピジョン鼻吸い器・新旧比較”でした。

ぶしょわんこ

ご覧いただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ピジョン電動鼻吸い器新旧比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次