ママ必見!無料プレゼントなどお得情報配信中★

【パナソニック・ギュット】前乗せ・後付けチャイルドシートの違い&OGKと比較!おすすめはどれ?【子供乗せ電動自転車】

当サイトには広告が含まれています。
パナソニック・ギュット前乗せ後付けチャイルドシートの違い

子供乗せ電動自転車の中でも人気が高い、パナソニック(Panasonic)のギュットクルームやギュットアニーズ。

後ろ乗せチャイルドシートだけが付いているモデルを買ったけど、子どもが増えたので前乗せを後付けしたい!という方のために

パナソニックのギュットシリーズに対応する前用の後付けチャイルドシートをまとめ、違いを比較ました。

ぶしょわんこ

純正品とOGKチャイルドシートの違いについてもまとめています。
前用の後付けチャイルドシートについて、どれにしようか迷っている!という方の参考になれば幸いです。

目次

パナソニック・前乗せ後付けチャイルドシート【比較表】

パナソニック・ギュットシリーズの前乗せ・後付けチャイルドシートは全部で4種類あります。

ncd470
カジュアルチャイルドシート:NCD470
ncd467
チャイルドシート:NCD467他
ncd481
リールベルト付きチャイルドシート:NCD481
ncd489s
クルームフロントシート:NCD489S他
対応機種ギュット・クルームR・EX/R・DX
ギュット・アニーズ・DX/DX・26
ギュット・クルームR・EX/R・DX
ギュット・アニーズ・DX/DX・26
ビビ・EX/DX/MX
シナモン・JP・ツインロック
ギュット・クルームR・EX/R・DX
ギュット・アニーズ・DX/DX・26
ギュット・クルームF・DX/R・EX/R・DX
※BE-FHD031、BE-FRE033、BE-FRD033(2023年12月)以降のモデル対象
対象年齢年齢1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満
体重15kg以下で身長100cm以下
(個人差あり)
年齢1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満
体重15kg以下で身長100cm以下
(個人差あり)
年齢1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満
体重15kg以下で身長100cm以下
(個人差あり)
年齢1歳(12ヶ月)以上4歳(48ヶ月)未満
 体重8kg以上15kg以下
 身長70cm以上100cm以下
 (個人差あり)
※乗車は2歳(24ヶ月)からの使用推奨
重さ約2.4kg約3.4kg約4.2kg記載なし
部品の数7個12個12個不明
ハンドルの形T型ループ型ループ型T型
ヘッドレスト固定可動可動可動
ステップ3段階3段階2段階記載なし
カラーブラックNCD467(ブラック)
NCD468(ブラウン)
NCD482(ホワイトグレー×ブラウン)
ブラックNCD489S(チャコールグレー)
NCD490S(ライトグレー)
価格13,070円16,030円21,780円35,200円
購入する購入する購入する購入する
※価格:2023年12月時点

カジュアルチャイルドシート:NCD470

自転車・子供用品のコンスピリート
¥10,800 (2024/05/25 20:43時点 | 楽天市場調べ)

パナソニック・ギュットシリーズに後付けできる前乗せチャイルドシートの中で一番安いモデル。

ヘッドレストは固定されているため微調節することができませんが、一番軽く無駄のない作りになっています。

また、部品の数が少ないため自分でも比較的簡単に取り付けることができます。

ぶしょわんこ

特にこだわりがなく、最低限のチャイルドシートでいい!という方に向いています。

チャイルドシート:NCD467・NCD468・NCD482

自転車・子供用品のコンスピリート
¥12,300 (2024/05/25 20:43時点 | 楽天市場調べ)

スタンダードなチャイルドシート。

NCD467(ブラック)・NCD468(ブラウン)・NCD482(ホワイトグレー×ブラウン)と3色のカラー展開があり、

カジュアルチャイルドシート(NCD470)に比べてシート全体に厚みがあり、よりしっかりした作りになっています。

ぶしょわんこ

全体的に厚みが増している分、NCD470より1kgほど重たくなっています。ヘッドレストは可動式で、子どもの成長に合わせて微調節することができます。

また、カジュアルチャイルドシート(NCD470)はハンドルに中心部の部品(セーフティーロック)で固定する仕組みになっている一方で、

NCD467は専用の取付部品に本体を差し込んで固定する仕組みになっており、より頑丈に取り付けられるようになっています。

NCD467とNCD470
※写真はNCD467・NCD470に対応するOGKの同型モデルです。

リールベルト付きチャイルドシート:NCD481

自転車・子供用品のコンスピリート
¥16,800 (2024/05/21 23:26時点 | 楽天市場調べ)

ベルトが自動巻取り式になっていて、ワンタッチで簡単にベルト調節することができるチャイルドシート。

NCD467に比べて、頭まわり(ヘッドレスト)が幅広い&足の外側もガードできるようになっており、その分800gほど重くなっています。

NCD470、NCD467はステップが3段階調節できる一方で、NCD481は2段階調節となっています。

ぶしょわんこ

NCD467と同じく、ヘッドレストは動かして微調節することができます。

クルームフロントシート:NCD489S・NCD490S

2023年12月に新発売となった前乗せチャイルドシート。

ギュットクルームに装備されているチャイルドシートと同じく、コンビと共同開発されたチャイルドシートの後付けモデルとなっています。

サンシェードが付いているのが一番の特徴で、取り外して洗濯できるヘッドカバー・ベルトカバーも付いています。

ぶしょわんこ

対応機種は”2023年12月以降のモデル”という点に注意が必要です。
こちらもチャイルドシートもヘッドレストは可動式になっています。

OGKのチャイルドシートとの違い

NCD470、NCD467、NCD481はOGKのチャイルドシートを利用して製造されています。

ぶしょわんこ

それぞれのチャイルドシートに対応するOGKチャイルドシートの品番は以下の通りです。

対応するOGKチャイルドシート

対応するOGKチャイルドシートの品番

NCD470FBC-015DX

NCD467他FBC-011DX3

NCD481FBC-017DX2

ぶしょわんこ

以下、それぞれの違いを具体的に見ていきます!

ロゴの違い

パナソニック純正品のチャイルドシートは、チャイルドシートの背面部分・バックルのロゴ”Panasonic”になっています。

ぶしょわんこ

純正品であっても背面にはOGKのロゴがあり、足元裏側にある品番シールにはOGKの品番が記載されています。

NCD467
パナソニック純正品のチャイルドシート(NCD467)
FBC-011DX3
OGKのチャイルドシート(FBC-011DX3)

カラーバリエーションの違い

純正品(NCD~)のチャイルドシートはシンプルな色味のみですが、OGK(FBC~)のチャイルドシートはカラーバリエーションが豊富です。

カラーバリエーションの違い:NCD470・FBC-015DX
引用:パナソニック公式サイト・楽天市場チャイルドシート販売店「キアーロ」
カラーバリエーションの違い:NCD467・FBC-011DX3
引用:楽天市場チャイルドシート販売店「コンスピリート」「キアーロ」

※NCD469(ホワイトグレー)は、2023年12月現在売り切れとなっています

カラーバリエーションの違い:NCD481・FBC-017DX2
引用:パナソニック公式サイト・楽天市場チャイルドシート販売店「キアーロ」
ぶしょわんこ

NCD467(純正品)の”ブラウン”は内側が黒・外側が茶色なのに対して、FBC-011DX3(OGK)の”ブラックこげ茶”は内側が茶色・外側が黒になっています。

部品構成の違い

またパナソニックの公式サイトでは、OGKのチャイルドシートと純正品の違いについて以下のように説明されています。

OGKで同じ形状のチャイルドシート(後付けタイプ)がありますが、パナソニック品番のものと何が違いますか?パナソニックの自転車に取り付けはできますか?

パナソニック品番を設定しているチャイルドシートには、当社製自転車に取り付けする為の部品が含まれています。 
従いまして、OGK様のチャイルドシートのみでは、正しく車体に取り付けられない可能性がございますので、
パナソニック品番のチャイルドシートをご購入下さい。
 
※なお、どのチャイルドシートがお客様の自転車に取付可能かは、お持ちの自転車の取扱説明書のオプション設定をご確認ください。
※オプション設定されていないチャイルドシートを取り付けた場合、メーカー保証や損害補償の対象外になる場合がございます。

よくあるご質問 – Panasonic
ぶしょわんこ

これによると、純正品のチャイルドシートにはパナソニックの自転車に正しく取り付けるための部品が追加されているものがあり、
OGKのチャイルドシートを使用した場合、メーカー保証や損害補償の対象外になる可能性がある、ということが分かります。

それぞれの部品構成を調べてみると、NCD470だけOGKのチャイルドシート(FBC-015DX)にはない部品が追加されていました。

NCD470・FBC-015DXの部品構成
NCD470・FBC-015DXの部品構成の違い(引用:取扱説明書)
ぶしょわんこ

赤丸で囲んだ部品が純正品(NCD470)のみに含まれる部品です。

NCD467・FBC-011DX3の部品構成
NCD467・FBC-011DX3の部品構成比較(引用:取扱説明書)
NCD481・FBC-017DX2の部品構成
NCD481・FBC-017DX2の部品構成比較(引用:取扱説明書)
ぶしょわんこ

NCD467・NCD481に関しては、OGKの製品と部品構成がまったく同じでした。

保証・保険

メーカー保証・保険
上:パナソニック/下:OGKの保証内容(引用:パナソニック・OGK公式サイト)

チャイルドシート本体のメーカー保証はどちらとも原則1年間OGKは購入後アンケートに答えることで3年間に延長可(2023年12月現在))。

万が一事故にあった場合の保険については、パナソニックは死亡後遺障害保険が200万円・入院保険金額が3,000円/日

OGKが死亡後遺障害保険が100万円(ヘルメット着用中に死亡した場合はさらに100万円=計200万円)となっています。

ぶしょわんこ

パナソニックの”ギュットあんしん傷害保険”は、ギュットシリーズの自転車に対する保険となっています(チャイルドシートに対する保険ではありません)。また、保険の補償期間はパナソニック・OGKとも1年間です。

価格

対応するOGKチャイルドシートと価格の比較

NCD470:13,070円FBC-015DX:9,699円

NCD467他:16,030円FBC-011DX3:12,599円

NCD481:21,780円FBC-017DX2:16,899円

基本的にOGKのチャイルドシートの方が安く手に入れることができますが、楽天市場では純正品の方が安いときもあります。

参考:2023年12月12日現在の価格
ぶしょわんこ

12月12日現在、NCD467・NCD481はOGKよりも安く手に入れることができます!また楽天スーパーセールはもちろん、お買い物マラソンなどのイベント中はさらにお買い得になっていることが多いため要チェックです。

まとめ

純正品とOGKの違い

  • チャイルドシートの背面部分・バックルのロゴが違う
  • カラーバリエーションが違う
  • NCD470はOGKの製品(FBC-015DX)にはない専用部品が追加されている

OGKのチャイルドシートは純正品と機能的にはほぼ変わりがないものの、パナソニックはあくまでも純正品の使用を推奨しているため、OGKを使用する場合は自己責任となります。

また、カジュアルチャイルドシートにする場合はOGK(FBC-015DX)ではなく純正品(NCD470)を購入することを強くおすすめします。※FBC-015DXには専用部品が含まれていないため。

ぶしょわんこ

純正品を使用するのが理想ではありますが、パナソニックの保証や損害補償の対象外になってもいいからできるだけ安くチャイルドシートを手に入れたい!という方や、自転車の購入から1年以上経っていて保証・保険の期限が切れている場合はOGKでもアリです。

全体のまとめ;おすすめはどれ?

以上の情報から、それぞれのおすすめをタイプ別にまとめました。

NCD470がおすすめ!
  • 無駄のないシンプルなモデルがいい
  • スペックは最小限でいいから、とにかく安いものがいい
自転車・子供用品のコンスピリート
¥10,800 (2024/05/25 20:43時点 | 楽天市場調べ)
NCD467がおすすめ!
  • スタンダードなモデルがいい
  • カラーバリエーションを楽しみたい
自転車・子供用品のコンスピリート
¥12,300 (2024/05/25 20:43時点 | 楽天市場調べ)
NCD481がおすすめ!
  • ベルト調節が簡単な方がいい
  • 足の外側もしっかり守りたい
自転車・子供用品のコンスピリート
¥16,800 (2024/05/21 23:26時点 | 楽天市場調べ)
NCD489Sがおすすめ!
  • 安全性が第一
  • サンシェードが欲しい

安全に乗せられればなんでもいい!という方はカジュアルチャイルドシートのNCD470

安いのがいいけど、簡素すぎるのは不安という方は標準モデルのNCD467

ベルト調節をとにかく時短したい!万が一倒れたときに子どもの足を守りたい!という方はリールベルト付き&足の外側にもガードがあるNCD481

とにかく安全性を重視したい・日焼け対策をしっかりしたいという方は、安心と信頼の大手チャイルドシートメーカー:コンビと共同開発されたチャイルドシート・NCD489Sがおすすめです。

ぶしょわんこ

NCD489Sは2023年12月以降発売の自転車のみ対応となっているため、ご注意ください!

安さでいえばOGKのチャイルドシートも魅力的ですが、パナソニックはあくまでも純正品の使用を推奨しています。

特に自転車の購入から1年経っていない場合は、OGKのチャイルドシートにするとパナソニックの保証・保険の対象から外れてしまう可能性がある点に注意してください。

逆に購入から時間が経っていて保証・保険の期限が切れている場合は、OGKを検討するのもアリです。

ぶしょわんこ

ちなみに、我が家は詳しく調べる前に安さに飛びついてOGKのチャイルドシート(FBC-011DX3)を購入しました。今思うと千円程度の差だったので、純正品にしておけば良かったかな…と少し後悔しています^^;

以上、パナソニック・ギュットシリーズに使える前乗せ・後付けチャイルドシートの違いでした。

ぶしょわんこ

ご覧いただきありがとうございました!

自転車チャイルドシート用レインカバーについては、こちらの記事にまとめています!

ブログランキング・にほんブログ村へ

パナソニック・ギュット前乗せ後付けチャイルドシートの違い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次